MAGMELLカードゲームは、対戦相手と魔法決戦を繰り広げるゲームです。

あなたのターンと相手のターンを交互に繰り返し、手札のユニットやマジックを駆使して相手のLPを先に0にした方のプレイヤーが勝利します。

あなただけの魔導書を用意して、素敵なカードバトルを始めましょう!

カードについて覚えましょう


MAGMELLには「ユニットカード」「マジックカード」「魔石カード」「その他のカード」の4種類のカードがあります。

ユニットカード


バトルの主役となるカード。

ユニットで敵を攻撃し、勝利を目指しましょう!

マジックカード


様々な効果をその場で発動できるカード。

上手く活用して優位にバトルを繰り広げましょう!

魔石カード


魔石デッキに入る、魔力を生み出すカード。

1ターンに1枚増えていくこのカードを使い、カードを使用しましょう!

その他


ユニットやマジックの効果で使用するサポート用のアイテム。

カードの見方はこちらの通りです。


カードの置き方(エリアの説明)


①戦闘エリア


お互いのユニットを召喚し、バトルをするエリアです。

いっぱいユニットを召喚しましょう

②魔石エリア


魔石デッキから魔石を置くエリアです。
このエリアに置かれた魔石カードを使い、カードを使用しましょう!

③魔導書


魔導書(山札)を置くエリアです。

ターンの最初に1枚カードを引きましょう!

④魔石デッキ


魔石デッキを置くエリアです

ターンの最初に1枚魔石エリアに置きましょう!

⑤ダスト


使用済みのカードを置くエリアです。

破壊されたユニットや使用済みのマジックはここに置かれます。

対戦前の準備


魔導書について


同じ名前のカードは魔導書に3枚まで、枚数は40枚ピッタリです。

複数のセットのカードを組み合わせて魔導書を構築することができます。

魔石デッキについて


魔石デッキには魔石カードしか入れることができず、同名カードは何枚でも入れられます。枚数は20枚ピッタリです。

ライフカウンターについて


ライフカウンターはスタートデッキ付属の物の他、数字を確認できるものであれば、電卓等も使用できます。

カードバトルの準備


お互いに魔導書・魔石デッキを交換し、シャッフルしましょう。

シャッフルが終わったら、魔導書・魔石デッキを持ち主に戻して魔導書・魔石デッキ置き場にセットします。

じゃんけんやコイン投げ、ダイス等で先攻後攻を決めます。

お互いに手札を魔導書から5枚引きます。

(この際手札が気に入らなければ、1度だけ『マリガン』することができます)

ここまで準備が完了したら、バトルスタートです!

《注意点》

■マリガンとは、全ての手札を魔導書に戻して無作為化し、その後再度5枚引き直すことです。

カードのタイミングとコストの説明


カードの使用タイミング


稲妻のアイコンが点灯しているカードは好きなタイミングで使用することができます。

相手ターン中であろうと、相手の攻撃宣言の後であろうと、コストが支払える限り好きなタイミングで使えますので、しっかり活用していきましょう!

使用コストの支払い方


カードを使用する時、魔石エリアのウェイク状態の魔石カードを必要なコストの数レストして支払う必要があります。

(無色のコストは全ての色の魔石で支払うことができます。)

触媒コストの支払い方


カードを使用する時、魔石エリアの表向きの魔石カードを必要数裏向きにして支払う必要があります。

既に裏向きになっている魔石カードを表向きにすることはできません。

ターンの流れ


スタンバイフェイズ

戦闘エリアと魔石エリアにある自分の全ての”レスト状態”のカードを”ウェイク”状態にします。

(自分の横向きのカードを全て縦向きにします。)

ドローフェイズ

自分の魔導書からカードを1枚引きます。

■先攻1ターン目のドローフェイズはありません。

魔石フェイズ

自分の魔石デッキの1番上のカードを魔石エリアに置きます。

メインフェイズ

ユニットの攻撃を行うことが出来るフェイズです。

■自分のこのフェイズに限らず、カードは使用可能です。また、このターン中に召喚したユニットも攻撃に参加可能です。

■先攻1ターン目 はユニットで攻撃できません。

エンドフェイズ

自分のターンを終了します。また、戦闘エリアのお互いのユニットが受けているダメージは全て無くなります。

ユニットの戦闘の流れ


攻撃ステップ

自分のメインフェイズにのみ攻撃宣言ができます。

攻撃の宣言と共にウェイク状態の自分のユニットをレストし、攻撃対象を選択します。

(攻撃対象は相手のプレイヤーか、あるいは相手のレストしているユニットから選択できます。)

防御ステップ

攻撃されているプレイヤーにウェイク状態のユニットがいる時、その内1体で攻撃を防御することができます。

ダメージステップ

攻撃先が相手プレイヤーで攻撃を防御されなかった時、ユニットは相手プレイヤーに自身のAPの値のダメージを与えます。

攻撃先が相手のユニットか、あるいは相手がユニットで防御した場合、お互いの戦闘中のユニットは、互いに自身のAPの値のダメージを与え合います。

(自身のHP以上のダメージを受けたユニットは破壊されます。)

バトル終了ステップ

戦闘を終了し、フェイズを続行します。

魔導書


魔石カードとその他のカード以外で構成された、40枚のカードの束のことです。俗に言うデッキ・山札のことですね。

魔石デッキ


魔石カードのみで構成された、20枚のカードの束のことです。好きな色の魔石を何枚でも入れることができます。

ダスト


破壊されたユニットや使用したマジックカードを置く場所です。また、その他のカードが破壊された場合、一旦ダストに置かれ、その後ゲームから消滅します。

ウェイク


縦向きのカード。あるいは横向きのカードを縦向きにすることを指します

いわゆる未行動の状態です。この状態のユニットは攻撃や防御をすることができ、この状態の魔石カードでのみコストを支払うことが出来ます。

レスト


横向きのカード。あるいは縦向きのカードを横向きにすることを指します

いわゆる行動済みの状態です。この状態のユニットは攻撃や防御をすることができず、この状態のユニットは相手の攻撃の対象となります。
また、ユニットが攻撃する時にレストする必要があります。
(防御する時はレストする必要はありません。)

この状態の魔石カードではコストを支払うことができません。ですが、触媒コストはレスト状態の魔石カードでも支払いができます。