ワンルームにダブルベッドはNG?置ける広さと選び方をご紹介

小さな空間に最適な住まいとして人気のワンルームですが、快適な睡眠空間を作るためには適切な寝具選びが重要です。

特に、快適な眠りに憧れる多くの方が注目するダブルベッドですが、ワンルームに置くにはどのような点を考慮すればよいのでしょうか。

まず検討するべきは、部屋の寸法です。

ワンルームでダブルベッドを置く場合は、その他の家具とのバランスも考えながら十分な通路スペースを確保することが肝要です。

ダブルベッドを置くためには、最低でも横幅140 cm、長さ200 cm程度の空間が必要となります。

したがって、部屋の全体的なサイズがベッドに見合ったものであるかは、購入前にしっかりと測定し計画する必要があります。

次に、ベッドを置く位置を考えることも大切です。

窓やドア、クローゼットなどの家具類と衝突しないように配置し、部屋の動線を維持することが重要です。

また、ダブルベッドは見た目にも圧倒される存在感があるため、部屋の中心に設置することが多いですが、部屋の角に斜めに置くことで空間を有効活用できる場合もあります。

また、ダブルベッドには様々なタイプがあります。

スタンダードなものから収納スペース付き、デザイン性の高いものまで、選択肢は豊富です。

限られたスペースを有効活用するためにも、収納機能付きのベッドを選ぶのが賢明な選択と言えるでしょう。

ワンルームにダブルベッドを上手に配置したいのであれば、部屋の寸法、配置する位置を慎重に検討し、収納機能付きのベッドを選ぶことで空間を最大限に活用できます。

きちんと計画を立てれば、限られた空間でも快適な寝室を作ることが十分可能です。

ワンルームで快適な生活空間を求めている方は、これらのポイントを参考にしてダブルベッドの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. ワンルームで北欧風な部屋作り♪コーディネートのポイントを教えます

  2. 《6畳ワンルーム》一人暮らしの部屋を広く見せるレイアウト3選

  3. 一人暮らしでヴィンテージ風インテリア!部屋作りのコツを徹底解説

  4. おしゃれな一人暮らしの部屋の作り方を分かりやすく解説【SNS映え】

  5. 狭いワンルームの玄関をおしゃれに♪広く見せる秘訣も大公開!

  6. 狭いワンルームを広く見せるコツ!初心者でもできる5か条とは