ワンルームでの布団収納方法とおすすめ便利アイテム5選【一人暮らし】

一人暮らしのワンルームでは、限られた空間を有効活用するためにも、収納は重要なポイントです。

特に布団は収納時のかさばりが問題になることが多いため、うまく折りたたんで収める工夫が必要です。

ここではワンルームにおける布団の収納方法と、そのお手伝いをしてくれる便利アイテムを5つご紹介します。

まず、布団をコンパクトに畳むことが基本です。

市販されている布団圧縮袋を利用すると、空気を抜いて厚みを減少させることができます。

その状態でクローゼットやベッド下など、見えづらいスペースに収納すると、生活空間を広く保つことにつながります。

立てて収納する方法もあります。

壁際や家具と家具のすき間に垂直に立てて収めることで場所を取らずにすっきりとした印象を与えます。

また、布団を押入れに収める際は、上下に分けて重ねないようにすると布団の偏りがなく、毎日快適に使えます。

次に便利アイテムのご紹介です。

1つ目は、前述の圧縮袋です。

多くの家庭で実践されている収納方法をサポートしてくれるアイテムです。

2つ目は、布団がすっぽり入る大容量の収納ケースです。

これはカラーボックス等にピッタリ収められるので、インテリアの一部として活用できます。

3つ目は、引き出し式の収納ベッドです。

ベッド下のスペースをフル活用できるため、限られた空間でも機能的に布団を収納できます。

4つ目は、押入れ収納ラックです。

布団だけでなく衣類や小物もまとめて片付けられるため、一台で複数の収納悩みを解決します。

最後の5つ目は、棚やフックを活用した壁面収納です。

壁に取り付けたフックに布団を吊るすことで、空間を有効利用しながらオシャレに布団を収納することも可能です。

限られた空間のなかでも、工夫次第で落ち着いた生活空間を実現できます。

以上の収納方法とアイテムを参考にして、ワンルームでも快適な睡眠環境を作り出してください。

関連記事

  1. 一人暮らしで服の収納が足りない時の便利グッズ5選【プチプラ】

  2. 一人暮らしでマットレスを直置きする時の注意点と対処法【カビ対策も】

  3. 一人暮らしのキッチンを使いやすく♪お役立ちアイテムをご紹介

  4. 《自炊レシピ》初めての一人暮らしにおすすめのメニュー5選

  5. 一人暮らしの電気代の相場は?知っておきたい節約術を教えます

  6. 一人暮らしでガス代を節約する方法5選!1ヶ月の平均費用も大公開